弁護士費用

弁護士費用の種類

弁護士に相談し、受任契約にいたる場合、ご負担いただく費用として、着手金・報酬金・実費・日当などがあります。弁護士費用は、ご依頼される難易度や経済的利益の額によって異なりますが、契約前の段階で発生する費用を事前にご案内しております。

※本ページの掲載料金はすべて、税別表記です。別途消費税が発生します。

法律相談料 弁護士へ法律相談を行う場合の基本料金になります。
着手金 事件のご依頼時に発生します。事件の結果に関わらず返金はありません。
報酬金 解決時にいただく費用です。経済的利益により変動する場合があります。
実費 裁判所の切手代、印紙代など事件処理に必要な費用のことです。
旅費・日当 事件処理のために、遠方に出張するための費用です。

法律相談料

30分 5,000円

一般民事事件(訴訟、調停、示談交渉を含む)

経済的利益の額 着手金 報酬金
300 万円以下の場合 8% 16%
300 万円を超え〜3,000 万円以下の場合 5%+9 万円 10%+18万円
3,000 万円を超え〜3億円以下の場合 3%+69 万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

※事件の難易度により増減することがあります。着手金・報酬金は法律相談時にご案内いたします。

一番上に戻る